手技療法 体験記3 〜ジムの整体院編〜

有名ジムの中にある整体院に行く

 

こんにちは
hogushi- arts 工藤です。

前回のドライヘッドスパ編 いかがでしたでしょうか。

ドライヘッドスパ編

 

施術者目線とお客様目線で施術を受けておりますが、私個人のその日感じた施術する側としての「学び」と「感想」を書いたものです。そして、普段の健康な状態の時にメンテナスすることや、疲れや痛みがでたら溜めずに早めにケアすることの有効性を感じて頂けたらと思いお伝えしようと思いました。

 

伺ったお店の施術者と私の相性も大いにあると思いますので、お店批判ではないことをご理解下さい。

 

 


 

今回はボディーを受けたときの感想を書いてみたいと思います。

 

以前夏のイベントが続いた後、さすがに疲れが出たようで背中に痛みを感じました。

いつもは、特に痛みも何もなくても勉強の為マッサージを受けに行くので、「どうですか」と聞かれても効果のほどがわかりにくいことがあります。

今回は痛みがあるので手技がどう効いたのかより分かりやすいので、これは背中の痛みを取る場合の他の手技を学べるチャンス!と思い、治療系のお店にしようと思いました。

大手サイトの検索エンジンから、《すご腕の施術者のいる店》というのがあったので是非!と思い覗き、整体院を選びました。

予約して、駅について住所を探してみると、予想外の有名ジムの中にあるマッサージコーナーでした。

 

私も昔 あるスポーツクラブの中にある整体の店舗に5日くらい派遣されて行ったことがあったのでなんだか懐かしい気持ちになりました。

 

お昼にジムに来る人といえば、時間に余裕があるシニア層がメインでしたが、何故かその地域は元スポーツ選手、国体選手という方が沢山いらっしゃって、筋肉や過去の成績自慢をたくさん聞いた覚えがあります。

スポーツなどで酷使し過ぎた筋肉は、普通の人より筋肉落ちると大変だからといって筋肉が落ちないように筋トレに励むシニアの方達。疲労の多い筋肉をほぐすのも大変だと思いました。

(健康ブームで筋肉をつけるのが流行っていますが、過度な筋肉のつけすぎは、後々キープするのも大変ですので皆様も気をつけて下さい。)

 

そのような日々トレーニングに励んでいるような方のケアをされているのだから、ジムではどのようにフィジカルのアドバイスをしているのか、参考にもなるかなと期待しつつ入店。

 


 

ジムの中に入るとトレーナーさんのプロマイド写真が20から30枚ずらっとならんでました。

受付で案内され整体ルームに入ると、サイトの写真の通りで可愛らしいお部屋がありました。

入り口はカーテンでしたので、ジムの音楽や声が聞こえリラックスできるかな?と、そんな空気感の中始まりました。

痛みを伝えると軽い検査をしてうつ伏せになり、背中を長い時間圧していました。

その後、脚の押圧をし、横向きになり主訴の左側の肩関節の回旋。

仰向けで大腿四頭筋の外側の押圧。

最後首は天柱のあたりをかるく緩めて終了。

背中は少し緩んだ気がしましたが、主訴の痛みは取れませんでした。

「痛み」は感覚的なものでもあるので、感覚が鈍くなってると1時間後に取れたり、体が変化になじんで2日後くらいから楽になる場合もあるので、痛みが取れなくても良かったのですが、残念だったのは考えられる原因や今の状態など、最後まで説明やフォローが何も無かったことです。

ただ 「痛みがあったらまた来てください」

とだけ言われましたが、私はその時もう一度施術を受けようとは思いませんでした。

 


 

1回で痛みが取れなかった理由や、考えられる原因など納得できる説明がないと、ちゃんと解ってもらえているかなと安心できませんし、技術に対しても信頼できなくなってしまいます。突然「また来て下さい」とだけ言われても、もう一度施術を受けようとは思わないのではないでしょうか。

そして期待していたフィジカルについてのアドバイスもなかったので少し残念な気持ちになってしまいました。

 

私も次の予約が埋まっていて時間のない時や、お客様がすぐ帰ろうとしてる時などは、私自身も話かけるのに遠慮することもあり、あまりお話できない時があり後で後悔することもあります。

時間が無くてもなるべく感じたことは説明し、伝えていきたいなと改めて思いました。

こういう経験をするとお客様が聞きたいことをちゃんと伝えられているのかなと、いつも自分の鑑となって見させてくれるのでありがたいです。

 

 

横浜ヘッドマッサージ専門店・hogushi- artsの工藤でした。

 


横浜のヘッドマッサージ・頭ほぐし専門店|hogushi-arts