ストレートネックが及ぼす肩凝りと不眠

こちらはスマホを見る姿勢ですが、よくある日常のワンシーンです。

よく見る光景ですよね。
姿勢が与える影響について考えたいと思います。

私が10年前整体をやっていた時ストレートネックな患者さんは、ベテランのデスクワークのサラリーマンの方や加齢や老化の方でがほとんどでした。
でも今は20代の若い人から外歩きの人までストレートネックの方が多いなと感じます。
昔はこんな体の20代は多くなかったのに…と時代を手で感じるこの頃。

スマホを見るなど下を向いてる時間が長いと頚椎が前にずれ落ち正常な湾曲が無くなり、まっすぐで棒のようになります。何故まっすぐで駄目なのかというと、頭の重さは約4〜6キロといわれていますがこれが首にのしかかっています。弓のようなアーチがあることで重さは分散されますが、例えば正常なアーチがない状態で45度下を向くとその負荷は約5倍です。スマホを見る間20キロものおもりを首に背負ってることになります。この時間が長く続けば首や肩に負担がかかるのは当たり前ですね。

ストレートネックが原因で及ぼす症状としては、頭痛、肩こり、頚椎症、めまい、手のしびれ、吐き気、寝違い、自律神経失調症などです。ここから精神不安も重なり不眠へと繋がります。
多くの方が身に覚えがあるのでは?まだ症状がなくても癖となりこの姿勢が続けば、この症状が現れます。
また一度なってしまうと元に戻るのにある程度時間もかかります。


hogushi-artsではこのような首の状態に緊張した筋肉、頭板状筋、頭半棘筋、胸鎖乳突筋を弛めつつ、頚椎7番から頚椎にアーチを作っていきます。呼吸も吸いやすくなりますし、続けていくと首の位置もかわってきます。
ある程度状態も良く緊張も解けてきたら、ボディケアのコースがお薦めです。
最終的には全身のバランスを整えることで安定してきます。

ヘッドマッサージにくるお客様は頭をほぐしたいと思っている方が多くいらっしゃいますが、頭をほぐすには首のバランスを整えることが不可欠であり、整えるとその後のもちが違います。一度体験してみてください。

横浜ヘッドマッサージ専門店・Hogushi-Artsの工藤でした。


横浜のヘッドマッサージ・頭ほぐし専門店|Hogushi-Arts