「ヘッドマッサージ専門店」 Hogushi-Arts

ヘッドマッサージと頭痛

頭痛とヘッドマッサージの適応

頭痛の分類

頭痛にはいくつかのタイプがあり、大まかに以下のように分けられます。

症候性頭痛(基礎疾患に続発するタイプ)

くも膜下出血

硬膜下血腫

脳腫瘍

髄膜炎

緑内障

機能性頭痛(原因が特定できないタイプ)

筋緊張性頭痛

偏頭痛

群発頭痛

  
横浜関内のヘッドマッサージと頭痛

筋緊張性頭痛にはヘッドマッサージ

 頭痛の中でもヘッドマッサージが適応なのは筋緊張性頭痛です。筋緊張性頭痛の特徴としては以下のような症状がみられることがあります。

  • 頭痛薬が比較的効く
  • 締め付けられる痛み
  • 後頭部や頭の芯が痛む
  • 痛みの程度はあまり強くない
  • 時としてめまい感がある
  • 後頭部のコリ感が強い
  • 眼睛疲労がある
  • マッサージやお風呂で軽減

筋緊張性頭痛には首肩をしっかり 

 筋緊張性頭痛の原因の多くは精神的ストレスや疲労に起因するものが多く、そのほとんどにひどい首や肩のコリがみられます。ヘッドマッサージはその原因となるコリを解すだけでなく、半眠半覚による瞑想効果も加わることで精神的にもストレスから開放されます。Hogushi-Artsの施術は特に首と肩への施術を重視しており、更に専用の施術ベッドで完全に横たわって施術を受けられるため、大変高いリラックス効果が得られます。

横浜関内のヘッドマッサージは首と肩重視

偏頭痛とヘッドマッサージ

 特に原因がはっきりしない頭痛の中で、筋緊張性頭痛以上に悩んでおられる方が多いのが「偏頭痛」です。血管が脈打つような痛みが多いことから、血管の拡張に伴う炎症性物質説が原因とも言われていますがはっきりとは解明されておりません。生理前後のホルモンバランスの変化やストレスからの開放時に起こりやすい傾向があり、リラックスしたり血行がよくなると返って症状が増悪する場合が多くみられます。
 したがってヘッドマッサージを受けるとリラックス効果と血行促進によって、頭痛が悪化する場合もございます。
 偏頭痛を東洋医学視点から捉えると、その原因の多くは「ストレスによる肝臓の弱り」「貧血による冷え」「体液の偏在」によるとされ、漢方薬では身体を温め、血を増やす漢方薬を中心に治療をし、鍼灸では頭よりも手や足のツボを多く使って治療をします。
 偏頭痛をお持ちの方でヘッドマッサージをご希望の方は、一度ご相談のうえ、頭部より身体や手や足へのボディケアーを多めにし、ヘッドマッサージをされる場合も軽度に止め、ご様子を見ながら慎重に対処させて頂きます。
 

横浜関内のヘッドマッサージと筋緊張性頭痛
  

※当施設は日頃の生活によるストレスや仕事による疲労を癒やす「リラクゼーション」を提供するものであり、疾病の治療や改善を促すものではございません。

 

 

CREA
「睡眠特集」
5月号


Hogushi-Artsが掲載されました。
クービック予約システムから予約する 
HOME | ヘッドマッサージQ&A | ヘッドマッサージと頭痛