「ヘッドマッサージ専門店」 Hogushi-Arts

ヘッドスパとの違い

ヘッドマッサージとヘッドスパ

水をまったく使わないのがヘッドマッサージ

 美容室や理容室で髪をやさしく触られていると、時どきなんとも言えない気持ちよさでウトウトと眠気を誘いますよね。ヘッドマッサージはその一番気持ちのいい部分だけをたっぷりと提供するまったく新しいリラクゼーションです。
 
 ところでよく「ヘッドスパとどう違うの?」という質問を頂きますが、最大の違いはもちろん水を使うか使わないかなのですが、ヘッドスパはどちらかといえば毛穴を直接きれいにしたり、毛根や毛髪を活性化させることを主としているのに比べ、ヘッドマッサージは頭の筋肉のコリをほぐすことで、眼睛疲労による首や目の周りのコリを改善し、同時に寝落ちすることで脳疲労や睡眠不足を解消しようとするのが狙いです。
 

横浜関内のヘッドマッサージとドライヘッドスパの違い
 

頭が濡れると緊張する理由

 ところで人の顔や頭の皮膚は水に対し敏感に反応するように出来ています。これは溺れないために進化した自然に備わっている防御反応なのですが、皆様も美容室などで洗髪してもらっている時、気づくと手足に力が入っていることってありませんか?これは気持ちいいと感じつつも、防御反応で身体が自然と身構えてしまうからなのです。この観点からいえば、水を使わないヘッドマッサージの方が安心感があるため、よりリラックス効果が高いと言えます。
 

人気の台湾シャンプー

 ちなみに最近日本の旅行者の間で話題となり、人気が高まっている「台湾シャンプー」というのがあるのですが、これは座ったままで長い時で30分もかけて美容師の方がシャンプーをしながらマッサージをしてくれる台湾独特の風習から発展したサービスです。寝ている状態ではなく座ったまま施術を受けるので頭部に水がかかっていても安心感があり、リラックス効果が大変高いため人気があるようです。台湾にもし旅行に行かれる機会があれば是非お試しを!
 

 
横浜関内のヘッドマッサージと台湾シャンプー

 

 

CREA
「睡眠特集」
5月号


Hogushi-Artsが掲載されました。
クービック予約システムから予約する 
HOME | ヘッドマッサージQ&A | ヘッドスパとの違い