「ヘッドマッサージ専門店」 Hogushi-Arts

VDT症候群

VDT症候群とは

VDT症候群( Visual Display Terminal Syndrome)

 VDTとは Visual Display Terminal の頭文字を合わせた言葉で、パソコンやスマートフォンなどをはじめとしたデジタルディスプレイ機器の総称です。またこうした機器を使った作業をVDT作業と呼び、VDT作業を長時間続けた結果、目や身体だけでなく心までも不調をきたすことで、その多様な症状をまとめてVDT症候群と呼びます。
 

横浜関内のヘッドマッサージはVDT症候群の予防と改善に効果
 

VDT症候群の症状

目の症状

  • ドライアイ
  • 充血や目のかすみ
  • 視力低下
  • 眼睛疲労があります。

身体の症状

  • 首や肩のコリ
  • 頚肩腕症候群
  • 手足のしびれ
  • 背中や腰の痛み

心の症状

  • 元気が出ない
  • 気持ちが落ち込む
  • 不眠・不安
  • 食欲低下

 


VDT症候群の原因と予防

 VDT症候群の大きな原因として目の周りの血行不良と酸素不足が考えられます。またドライアイと深い相関性がみられることから、オフィスなどの空調が整った環境で長時間VDT作業をする時は目が乾燥しやすいため、こまめな点眼(涙に近い防腐剤のないもの)にて目に潤いを与える。VDT作業を1時間以上続けないようにし、続ける場合は10〜15分くらいを他の作業に回す、作業時もなるべく1,2分の小休止を入れる。作業目線を目の高さより下方に落とす。暗いところで明るいモニターを見ない。ブルーライトカットメガネやフィルムをモニターに貼ると良いでしょう。
 


参考:厚生労働省

VDT作業者の心身の健康のためにVDT作業における労働衛生環境管理のためのガイドライン
 

VDT症候群に効果的なヘッドマッサージ


 VDT症候群は血行不良と酸素不足

 私たちの目の筋肉は一日に10万回以上動いていると言われています。しかし実は筋肉というのは動かしているより、一定の状態をずっと保ってことのほうが疲労すると言われます。筋肉は動いて収縮することで血行が良くなり、酸素と血液が供給され老廃物質が溜まりません。しかしじっとモニターを凝視している状態は、毛様体など視力調整に関わる眼の小さな筋肉をはじめ、首や顔周囲の筋肉までもが長時間一定の状態にいることでコリが生じ、血液循環が阻害され、酸素供給が低下し、疲労がどんどん回復しにくくなります。そしてそのまま改善されずに状態化すると最終的には心身にまで影響が現れるようになります。
 定期的にヘッドマッサージを受けることで、目の周りの筋肉をはじめ、特に後頭部をしっかりほぐすことでコリが解消され、血行が回復することで疲労が溜まりにくくなります。結果として心身への影響を軽減し、睡眠の質の改善、強いては「鬱」への予防につながります。
 
横浜関内のヘッドマッサージはVDT症候群の改善に効果的
 
横浜関内のドライヘッドスパ、Hogushi-Arts Blog
 

ご予約はこちら

クービック予約システムから予約する

LINEともだち登録

LINEともだち追加
 
横浜のドライヘッドスパへの電話はこちらへ
 

CREA
「睡眠特集」
5月号


Hogushi-Artsが掲載されました。