頭痛がつらいとき、あなたならどうしますか?ヘッドマッサージ・ヘッドスパで和らぐ頭痛とは

|頭痛になったら確認すること

当店にいらっしゃるお客様が訴える症状で多いのは『肩こり・腰痛』ですが、

ヘッドマッサージコースをお選びになる方は『頭痛や頭が重い』といった症状を訴えることも多いです。

「頭痛がつらいとき、あなたならどうしますか?」

1.マッサージ・整体に行く

2.頭痛薬を服用する

3.病院に行く

4.我慢する

これは当店にいらっしゃったお客様の答えで

意外と薬を飲まずに我慢してる方も多かったです。

また、病院で検査して医師に原因不明と言われ、マッサージを探して当店に辿り着いたというお客様も何名かいらっしゃいました。

もし頭痛が長く続くようなときは、一度病院に行くことをおすすめします。

頭痛の場合は

肩こりや腰痛などよりも、多くの原因や合併症が多いです。

何かの病気がきっかけで痛むこともあると思いますので、まずは検査をして原因を明確にすることは心の安心にもつながるのではと思います。

病院でレントゲンやMRIなどの検査で血管や他に異常が見つからない場合

医師に肩こりや眼精疲労などの目の疲れ、または心因性(精神的ストレス)によるものと言われる事が多いのではないでしょうか。

こころあたりありませんか?

このような場合の多くは「緊張型頭痛」といわれます。


|頭痛の主な種類は?

緊張型頭痛
偏頭痛
三叉神経痛

  • 緊張型頭痛

主に後頭部・こめかみ・額に頭重感や締め付けられる感じがあります。頭・首・肩の筋肉の緊張や凝りによる血行不良や神経系の原因と考えられています。

  • 片頭痛

主に頭の側頭部が脈打つようにズキズキと痛みます。血管の拡張や炎症によるもので、検査をしてもはっきりした原因がわかっていません。

  • 三叉神経痛

三叉神経はお顔の側面からこめかみ周辺に集中しています。この神経を血管が圧迫することや、他の病気の合併症が原因といわれます。


|「緊張型頭痛」と診断されたら

病院で「緊張型頭痛」と診断されたお客様に聞いた話です。

ストレッチをして肩こりを緩和させたり、生活習慣を見直してストレスを軽減させること

をアドバイスされたそうです。

「緊張型頭痛」は、頭・首・肩の筋肉の緊張や凝りによる血行不良が原因です。

ずっと同じ姿勢で動きがなかったり、パソコン仕事で目を酷使していたりすると血行不良になります。なので運動やストレッチで筋肉を動かし血流を良くしていくことが必要です。

そんなことはわかっていても

それが毎日できない人や、

凝り過ぎてストレッチぐらいでは筋肉がほぐれない人もいるのではないでしょうか?

首の筋肉や骨格は頭とつながっています。

ですので頭の筋肉をほぐすことは首の緊張もほぐれます。

『hogushi-arts』では

自分ではできない顔の細かい筋肉や頭皮を丁寧にほぐしていく

『ヘッドマッサージコース』がおすすめです。

ただ肩こりの緊張も強いようであれば

『ヘッドマッサージ×整体』の90分以上のコースで

背中や肩甲骨の動きも良くするとが

首や頭の緊張の緩和につながりますのでおすすめです。

お悩みの方は一度お試しくださいませ。


http://hogushi-arts.com/

横浜ヘッドマッサージとほぐし整体・hogushi- arts 工藤でした。


横浜のヘッドマッサージ・ほぐし整体|hogushi-arts

春の養生 眼精疲労・花粉症の原因と対策

春に多い症状は?

最近桜が咲きはじめましたね。春の三寒四温に振り回され、毎日何の洋服を着ていいのか頭を悩まされます。

東洋医学的に春は木性が強くなるので肝臓グループに症状が出やすいです。

現代医学的にいうと自律神経のバランスが乱れるので、免疫力が下がりアレルギーや情緒の乱れが現れます。

・目がかすむ

・花粉症がつらい

・不安感がつのる

・筋肉の凝り

このような症状の方は、ヘッドマッサージなどを活用して自律神経のバランスを整えるヘッドマッサージのコースが体調管理におすすめです。

ネット予約はこちらから↓

https://2.onemorehand.jp/hogushi-arts/


ヘッドマッサージコース 60分・75分・90分

1.頭痛や頭が重い

2.眠りが浅い・寝付けない・早く目が覚める

3.眼精疲労・側頭部にしめつけを感じる

全身の流れを整えることが大事です。

痛いところだけ・一箇所だけというのは効果が半減します。

脚と腕の血流を流した後、デコルテ・首・ヘッドマッサージを重点的に行います。

(全行程、仰向けになります。腰が硬い方は長い時間仰向けになるとストレスになる場合がありますので、スタッフにお声がけください)

頭が重いやボーっとして頭が働かないは体の体液の流れが悪く頭皮がブヨブヨむくんでいるからです。特に溜まっている足に刺激を与え、頭に溜まっている体液が勢いよく流れるようにします。

不眠は不安感や、自律神経の乱れからくることが多いです。リラックスできる手技を多めにやっていきます。また首まわりが緊張していては良質な睡眠はとれません。首をしっかり緩め、しめつけを開放し、自律神経を整えていきます。

頭痛の原因はたくさんありますが、筋肉の過緊張や血流が悪く神経を圧迫して痛みを感じることが多いです。この場合は原因となる首や顎関節まわりをしっかりほぐします。

また、目の疲れからも影響、または強い眼精疲労を併発してる方が多いです。目も筋肉をつかっていますので凝り固まります。経験的には若い10代の方にも多いです。

眼精疲労集中コースについては、また次回説明させていただきます。

もう一度お伝えします。

全身の流れを整えることが大事です。

頭だけでなく全身がゆるんでいく新感覚を味わってください。皆様のお越しをお待ちいたしております。

hogushi-artsのネット予約はこちらから↓

https://2.onemorehand.jp/hogushi-arts/

横浜ヘッドマッサージ専門店・hogushi- artsの工藤でした。

ホームページはこちら↓

http://hogushi-arts.com

ご予約はこちら↓

https://2.onemorehand.jp/hogushi-arts/


横浜のヘッドマッサージ・頭ほぐし専門店|hogushi-arts

眠りのスペシャリスト『睡眠健康指導士』は身近にいる?

『睡眠健康指導士』がいるヘッドマッサージを体験! 

みなさん『睡眠健康指導士』という方々がいらっしゃるのをご存知ですか?

一般社団法人 日本睡眠教育機構が養成し、睡眠の学問を学んだ後認定している有資格者のことです。

睡眠学を通じて、正しい睡眠知識を社会の人々に伝え健康増進に寄与できる人材ということで、医師や看護師の他、市町村の保健職員・教職員・保育士・寝具販売員など、多業種で活躍されているそうです。

それだけ睡眠の悩みをかかえこんでいる人が多いということでしょうか。

本来、太陽が登ったら起きて太陽が沈んだら寝ることが自然に良い睡眠を得られます。

しかし太陽のリズム通りに生活できていない現代人は、良い睡眠を取れていないことになりますが、少しでも良い睡眠を取れるようにしたいですよね。

そこで今回は『睡眠健康指導士』のいるヘッドマッサージ店に行った体験談です。


|『睡眠健康指導士』のいるヘッドマッサージ店


去年、西の都に行く用事がありましたので、近くにヘッドマッサージ店がないか探してみました。

ヘッドマッサージのスクールは大阪を拠点としているところがあるので、意外と東京より西日本のほうが先駆けのようです。

そんな西日本のヘッドマッサージ事情を研究するべく探したのですが、ユニークなお店を見つけました。

マイナーなヘッドマッサージが一躍脚光を浴びたのは、『眠り』をテーマにしたTVでよくみるあのお店です。

ストレスや過労・スマホの登場などで、自律神経が乱れ眠ることができなくなった現代人、そんな人達の心に響いたのが眠れるマッサージでした。

今回私が来店したお店はこの睡眠を更に突き詰めたようです。お店で働くセラピストさん達は全員『睡眠健康指導士』の資格を取得され、睡眠相談にものってくださいます。

またヘッドマッサージの後に、そのままそのベットで30分ほど眠れる「仮眠コース」があるのは特徴的です。

稀ですが、実際当店にも「ちょっと空いた時間に眠りたいから」と睡眠目的でフラッと来る方もいらっしゃいました。

5分お昼寝するだけでも脳がリセットされてその後の仕事がはかどります。

時間の空いた営業の方が少し休みたいなど、ビジネス街だとそういう需要もあると思います。

:::::::::::::

今回受けたメニューですが、

身体のコースは無かったので、ヘッドマッサージ60分とオプションで10分ボディーをつけました。

はじめにうつ伏せにて10分ボディーからです。

脊柱ラインから肩周り、足と膝の内側の少し上の足の裏までです。

経絡でいうと腎経のラインでしょうか。

ボディーは10分コースなので、手のひらの押圧で全身流す程度でした。

リズムは音楽に合わせてゆっくりと、強すぎず奥まで行ったらしっかりそこでキープ。

その後仰向けになり電気を暗くし、

表側の両足、右腕左腕デコルテを押圧。

ここからはヘッドマッサージです。

サービスのホットアイマスクをのせていただきました。

デコルテから首

横向きで後頭部の頭皮マッサージ

中央線中央線ラインの指圧

また戻って横向き

お顔のツボ押し

。。。

このあたりでセラピストさんの癒やしの誘導で寝落ちしました。


|感想


仮眠コースもあるぐらい睡眠にこだわっていますので、ベットはマッサージベッドではなく普通のシングルベッドで低反発のマットを敷いたものでした。広くて家のベッドで寝ているような不思議な感覚です。

そのベッドは施術者としてはやりづらいと思いますが、治療家さんにはない発想でおもしろいと思いました。

スタッフのセラピストさんが「睡眠健康指導士」の資格を持っていらっしゃるという事で不眠の相談ものってくださいます。

正直私はすぐ眠れるタイプなんですが…不眠の相談をしてみました。

  • 夜寝る前のスマホは良くない
  • 朝起きたら太陽を浴びる
  • 朝ごはんを食べてから12時間後に睡魔がくるので、眠りたい12時間前に朝食をとる

などのアドバイスをしていただきました。

やはり体内リズムが大事なようです。朝食を食べないという方もいらっしゃいますが、不眠でお悩みでしたら参考にされてみてください。

最初にも述べましたが、いろんな業種の方が睡眠健康指導士の資格を持っているようです。以外と身近にいるかもしれないので、睡眠にお悩みの方は是非ご相談されてみてください。

hogushi-artsでは不眠の原因となる首の関節の歪みを調整します。

筋肉の緊張がとれ、脳がリラックスすると深い眠りへ入っていきやすくなります。

生活の見直しと合わせて受けられると効率良く早く改善されますよ。

お待ち致しております。


ご新規のご予約はホームページから↓

http://hogushi-arts.com/

会員登録済みのご予約はマイページから↓

https://2.onemorehand.jp/hogushi-arts/auth/login?preview=on&lang=ja-JP

横浜ヘッドマッサージとほぐし整体・hogushi- arts 工藤でした。

ホームページはこちら↓

http://hogushi-arts.com

ご予約はこちら↓

https://2.onemorehand.jp/hogushi-arts/


横浜のヘッドマッサージ・ほぐし整体|hogushi-arts

ヘッドスパの効果とは?ヘッドスパ専門店を体験!

 

前回ヘッドスパとヘッドマッサージの違いをお伝えしましたが、それを踏まえて今回は体験談話です。

「ヘッドスパ」「ヘッドマッサージ」「ドライヘッドスパ」違いを使って施術します。

以前、美容室でヘッドスパを体験した時のことです。

本来美容とは、化粧、結髪、パーマなどにより容姿を美しくすることです。

髪を扱うことから、髪の毛を元気にしたり、美しくツヤを出すために潤いを与えたりの美を目的としたケアがメインとなります。

しかし美容室やサロンには、美を目的に行くだけではなく、その時間や空間にリラックスやラグジュアリー感などの非日常を求めて行く方も多いのではないでしょうか。

それゆえなのか?美容室でもヘッドスパやマッサージを提供してるところが多いですよね。

5年前くらい前ですが、東京の美容室でヘッドスパを受けたことがあります。

やはり髪の毛をキレイに元気にするには、毛穴の汚れを取る事がメインのようです。

毛穴の中の汚れを取り頭皮の血行を良くすることで、髪の毛に十分な栄養や潤いが届き、それを更に促進するためにマッサージをしているようです。

オールハンドでの毛穴の掃除が終わった後、シャンプー台のところでオイルをつけながらマッサージをしてもらいましたが、毛穴が開いた感じでとてもさっぱりし、その後髪の毛にコシが出てしっかりしました。

またその時冬でかなり強い風に当たっていたのと、疲れが重なり、結構地肌も乾燥していたのですが、頭皮の血行が良くなったことでとても潤いがでてきたの覚えています。

髪の毛のための頭皮マッサージなので、筋肉の凝りを取るということに関してはあまり重要視されていないようです。ただ水の中で髪の毛の頭皮を優しくマッサージしてもらうのはとてもリラックスしますので、こころは緩みますね。


そして今回、東京にあるヘッドスパ専門店を選んでみました。

はじめにカウンセリングということで施術ルームではない別室のカウンセリングルームに案内されました。

主に髪や頭皮の悩みについて内容の濃いカウンセリングシートを記入し、カウンセリングが始まりました。

髪の毛に対する悩みを時間をかけてヒアリングしていただいた後、美容室のヘッドスパとヘッドスパ専門店では何か違いはあるのか聞いてみました。

するとこちらのサロンでは

ただ毛穴の 汚れを一時的に取るのではく、血行を促進し、栄養が髪に届き健康になる為の根本改善をしていくのが特徴である

とのことでした。毛穴の皮脂の詰まりは抜け毛 切れ毛 細毛の原因となり、普段のシャンプーでは取れないそうです。

また本来頭皮は2ミリあり潰れてくることで頭皮が硬くなり、血行が悪くなる。もみほぐすことで血行がよくなり頭皮の厚みが戻ってくると毛髪が立ち上がってフンワリするとのこと。確かに加齢とともに髪がぺちゃんこになってる気がします。

と、丁寧な説明とカウンセリングを受けた後、スコープのような専用の拡大カメラで私の頭皮チェック後頭部、側頭部、頭頂部、前頭部毎に見ていきます。

普段のシャンプーの洗浄力が弱いこともあるそうで毛穴の汚れが取りきれず残っていました。

キメが細かいとよいそうです。お顔のお肌と同じですね。


そしていよいよ施術です。

はじめに頭皮を強めにマッサージして動かします。10分か20分くらいでしょうか?部屋の中がほぼほぼ真っ暗になり、このころからすでにあまり覚えていません。。。すみません。

その後シャンプーをしてもらい、大きい機械が登場して毛穴の皮脂のお掃除、これが気持ちよかった気がします。

オールハンドのマッサージとしては始めの20分?くらいで、機械が出てくるあたりは、エステのような印象を受けました。

私が選んだコースは以上の内容でした。

施術後、ドライヤーで乾かしていくと髪にコシが出て、一本一本がしっかり太くなったような感じがしました。

再度一緒に頭皮チェックです。

私の場合、キメはもともとあったんですが、更に細かく増えた感じ。

毛穴の汚れも割と取れていましたが、割と頑固なものは一度では取れないので何度か集中ケアが必要とのことでした。

以前受けた美容室のヘッドスパと同じで、こちらのヘッドスパも髪にフォーカスしていましたので、髪に対する専門知識がすばらしかったです。

長めのコースにすればデコルテなどもマッサージしてくださるそうなので、リラックスもできてきっと満足感は大きいですね。

髪の毛も整髪料などでストレスを受けたり、栄養が必要だったりしますので、定期的にお掃除するのも良いですね。


hogushi-artsのネット予約はこちらから↓

https://coubic.com/hogushi-arts/112328/express

横浜ヘッドマッサージ専門店・hogushi- artsの工藤でした。

ホームページはこちら↓

http://hogushi-arts.com

ご予約はこちら↓

https://2.onemorehand.jp/hogushi-arts/


横浜のヘッドマッサージ・頭ほぐし専門店|hogushi-arts

ヘッドスパとヘッドマッサージの違いとは?症状別からヘッドマッサージのお店を探す

 

最近暑かったり、スコールのような大雨だったりと天候が激しいですが、みなさま体調は崩されていませんか?

これから梅雨の時期に入りますと湿度が高くなるので、東洋医学的にはなんだか身体が重い・だるいなどの症状が現れる方が増えてきます。このようなむくみ体質の方などは、マッサージなどを活用して体の中の水分(津液)の代謝を促すとスッキリしますよ。ヘッド×フットのコースや全身整体のコースが体調管理におすすめです。

ご予約はこちら↓

https://2.onemorehand.jp/hogushi-arts/


前回ヘッドスパとヘッドマッサージの違いというテーマでかきましたが、今回はその続きです。マッサージをあまり受けたことのない方にとっては、なかなかイメージが沸かない、どのコースを選んでいいのかわからないという方も多いと思います。実際にhogushi-artsでもそういったお声をお客さまに頂いております。そこで今回はそういったお声に対しお悩みを解消すべく症状別にご説明させていただきます。

施術が終わったあとに、「自分の求めているのとは違った。。。」などとがっかりしないように参考になればと思います。

お悩みの症状では、どれがおすすめ?

1.ストレスフルで脳疲労、とにかくリラックスしたい 等の場合

“ヘッドスパとヘッドマッサージの違いとは?症状別からヘッドマッサージのお店を探す” の続きを読む

ヘッドスパとヘッドマッサージ 検索ワードはどっち?

最近ネットでマッサージの検索サイトを覗いてみましたら、急にヘッドスパやヘッドマッサージ専門店の新しいお店が一気に増えていて大変驚いております。

そこでちょっと疑問。

皆さまは、沢山あるお店の中から自分の目的に合ったお店が探し出せているでしょうか?

例えばネットでお店を検索する場合。

各店舗のホームページにさえ辿り着ければ、店内やスタッフのお写真やコースの説明などを見てお客さまのご希望に沿ったコースやサービスのお店を選ぶと思います。

ただ、最初の検索ワードで「ヘッドスパ」と入力した時と「ヘッドマッサージ」と入力した時では違うお店が出てくるので、最初に間違うとご希望のお店になかなか辿り着けないこともあると思います。

例えばインターネットでhogushi-artsを見つけていらした方に、検索ワードを聞いてみると「ヘッドマッサージ」がほとんどですが、「ヘッドスパ」で探したという方も多くいらっしゃいます。ヘッドスパでも辿り着いたようですが、hogushi-artsの場合ヘッドマッサージのカテゴリーになりますのでヘッドマッサージの方が早く見つけられると思います。

頭にフォーカスしたマッサージのカテゴリーはいくつかあり、大きく分けると、「ヘッドマッサージ」「ヘッドスパ」または「ドライヘッドスパ」などでしょうか。

お店毎にオリジナリティーをだそうと新しいカテゴリーやネーミングを作ったり、どんどん多様化しているので、マッサージに詳しくない方にとってはよく違いがわからないかもしれませんね。

そこで今回は、最初の検索ワードとなる「ヘッドスパ」と「ヘッドマッサージ」の違いはなんなのかをテーマにしようと思います。


「ヘッドスパ」と「ヘッドマッサージ」とは?

ヘッドスパとは日本の造語です。シャンプーなどで、頭皮や毛穴の汚れを洗い流し、マッサージを行うことによって血流促進し、髪そのものの健康と頭皮を活性化させる目的のものを言います。

主に美容室やヘアケアを目的としたエステサロンなど、シャンプー台やシャワールームのあるサロンが多いです。

そうするとドライヘッドスパも造語になりますね。ドライヘッドスパもヘッドスパから派生した造語で主に頭皮や健康な髪の促進の為のマッサージを水を使わずに行うヘッドマッサージです。

ヘッドマッサージは水を使わずに筋肉を緩めたり、頭蓋骨調整を行ったり、ツボを使って凝り固まった頭や首のバランスを整えていきます。また、頭に繋がる筋肉や経絡が背骨や肩関節とつながっている為、首・肩・デコルテと施術面も広範囲です。

主に整体サロンや治療院・最近では専門店など、筋肉を扱うので解剖学を理解したサロンが多いです。


ヘッドスパとヘッドマッサージの違いについてご理解頂けたでしょうか?

大きな違いは水を使うか使わないか、髪の毛に対してのアプローチの割合でしょうか。

こうなるとドライヘッドスパとヘッドマッサージの違いがわかりにくいところですね。ドライヘッドスパは睡眠をテーマとしているお店が多いためか、照明の暗いお店の内装やリラクゼーションを重視したセラピストが多いようです。

ただ、たくさんのバリエーションのお店があることから、一概には言えませんのでお店のホームページをご覧になって雰囲気や口コミなどを参考になされるとよいかと思います。

hogushi-artsのヘッドマッサージは、落ち着いた内装と完全個室ですのでリラックスできるとのお声を頂いております。またリラックスだけでなく頭痛や眼精疲労・肩こり腰痛に悩まれている方にもおすすめです。

次回は、「症状別からお店を探す」 をあげていきます。

横浜ヘッドマッサージ専門店・hogushi- artsの工藤でした。


横浜のヘッドマッサージ・頭ほぐし専門店|hogushi-arts

コーヒー染めの手ぬぐい 

 

客様が増えたこともあり、手ぬぐいの量が間に合わなくなったので数を増やすことにしました。前回のブログ【お肌に優しい施術タオルを】で述べた理由から、手作りしました。

今回は媒染液を変えて染めてます。

こちらが染色の各工程です。↓

下準備工程

お顔は体の他の皮膚よりも薄く敏感なので、綿100%の晒しの布から手ぬぐいを作ります。

新品は、のりがついていていると染色の色が入っていかないので、一度ぬるま湯で洗ってのりを落としていきます。

乾いたら豆乳に漬けておき、陰干ししながら2・3日しっかり乾かします。

染色工程

コーヒーを濃いめに煮出し、手ぬぐいが隠れ浸るくらいの量を準備します。

(前回はちょうど浸る位の量にしたら色ムラができてしまったので、今回はたっぷりめに作りました。)

量が多すぎて家庭用の鍋では染色できないので、大きめのダンボールにビニール袋をかけてなるべく温めたコーヒーを入れ染色しました。

軽く絞ったら次は、染色した色が布に定着するように媒染です。

媒染工程

前回は媒染にミョウバンを使用しました。コーヒーの色が優しくベージュ色に出て悪くなかったのですが、染色家の知り合いの方に相談していたら鉄の媒染液を譲っていただいたので今回は鉄媒染に挑戦します。

濃縮されているので鉄の匂いが強いですね。水で薄めて先程の手ぬぐいを入れます。

入れた瞬間化学反応が起こり色が変わりました。ミョウバンの時よりも色の変化がありますね。

鉄サビ感が出て、いい色の仕上がりになりました。

軽く水洗いして乾かしたら出来上がりです。

ミョウバン媒染と鉄媒染の色の違い

左がミョウバン、右が鉄です。


出来ました!

新しい手ぬぐいで皆様をお待ちしております。

横浜ヘッドマッサージ専門店・hogushi- artsの工藤でした。

ホームページはこちら↓

http://hogushi-arts.com

ご予約はこちら↓

https://2.onemorehand.jp/hogushi-arts/


横浜のヘッドマッサージ・頭ほぐし専門店|hogushi-arts

お肌に優しい施術タオルを〜草木染めの手ぬぐいへ〜

アレルギー体質の方との出会いから、草木染めの手ぬぐいへ

 

お客様が増えたこともあり、手ぬぐいの洗濯が間に合わなくなったので数を増やすことにしました。

前回同様、手作りです。


7年くらい前に縁あって肌のアレルギーを持っている方に出会いました。

その方は超過敏性アレルギーのため、街を離れ自然豊かな伊豆のとある保養所のようなところで住んでいるとのことでした。

なぜ今のような暮らしに至ったのか不思議に思い、その方にお話しを伺うと、かなりの超過敏症のようで(詳しくは忘れてしまいました…)

添加物、化学調味料、農薬使用の食品が食べられないのはもちろんの事、肌が荒れる為化学繊維の洋服も着れないので、裸で過ごすことが多いと聞いて衝撃を受けたのを鮮明に覚えています。

綿はインドで多く作られていますが、無農薬で作るのは容易ではないので農薬をたくさん使います。その農薬に疑問視する方がでてきたので、オーガニックコットンの生産は増えました。

10年ほど前にはオーガニックコットンは広がり、百貨店などでも簡単に手に入れられるようになりましたよね。

オーガニックコットンの服なら大丈夫なのでは?と問うと、輸入時に科学成分のもので洗われた際の成分に(消毒という意味合いなのかわかりませんが)体が反応してしまうので、出回っている既成品は着れないのだそうです。

それでも、化繊や科学染料の素材よりは、ましだそうですが。

現代社会が生んだ産物に、ここまで苦しんでいる方が、実在されているとは思いませんでした。世に出回っている「商品」というのは、そう単純ではないようです。


これほどではないにしても、皆さんの周りにもアトピーや皮膚疾患に苦しんでいる方は年々増えていると実感されていませんか?

特に感じるのは若い世代にアトピーのお客様が多くいらっしゃいます。お肌がデリケートな方も最近は多いので、なるべくナチュラルなものを使っていきたいなと思いました。

特にお顔は身体よりも敏感です。市販の手ぬぐいだと化学染料が使われていますので、ヘッドマッサージで使用する手ぬぐいだけは、手作りで草木染めをしております。

次回は「手ぬぐいのコーヒー染め」をアップしていきますね。

横浜ヘッドマッサージ専門店・hogushi- artsの工藤でした。

ホームページはこちら↓

http://hogushi-arts.com

ご予約はこちら↓

https://2.onemorehand.jp/hogushi-arts/


横浜のヘッドマッサージ・頭ほぐし専門店|hogushi-arts

手技療法 〜有名ジムの中にある整体院に行く〜

ドライヘッドスパ編

施術者目線とお客様目線で施術を受けておりますが、私個人のその日感じた施術する側としての「学び」と「感想」を書いたものです。そして、普段の健康な状態の時にメンテナスすることや、疲れや痛みがでたら溜めずに早めにケアすることの有効性を感じて頂けたらと思いお伝えしようと思いました。

伺ったお店の施術者と私の相性も大いにあると思いますので、お店批判ではないことをご理解下さい。


今回はボディーを受けたときの感想を書いてみたいと思います。

以前夏のイベントが続いた後、さすがに疲れが出たようで背中に痛みを感じました。

いつもは、特に痛みも何もなくても勉強の為マッサージを受けに行くので、「どうですか」と聞かれても効果のほどがわかりにくいことがあります。

今回は痛みがあるので手技がどう効いたのかより分かりやすいので、これは背中の痛みを取る場合の他の手技を学べるチャンス!と思い、治療系のお店にしようと思いました。

大手サイトの検索エンジンから、《すご腕の施術者のいる店》というのがあったので是非!と思い覗き、整体院を選びました。

予約して、駅について住所を探してみると、予想外の有名ジムの中にあるマッサージコーナーでした。

私も昔 あるスポーツクラブの中にある整体の店舗に5日くらい派遣されて行ったことがあったのでなんだか懐かしい気持ちになりました。

お昼にジムに来る人といえば、時間に余裕があるシニア層がメインでしたが、何故かその地域は元スポーツ選手、国体選手という方が沢山いらっしゃって、筋肉や過去の成績自慢をたくさん聞いた覚えがあります。

スポーツなどで酷使し過ぎた筋肉は、普通の人より筋肉落ちると大変だからといって筋肉が落ちないように筋トレに励むシニアの方達。疲労の多い筋肉をほぐすのも大変だと思いました。

(健康ブームで筋肉をつけるのが流行っていますが、過度な筋肉のつけすぎは、後々キープするのも大変ですので皆様も気をつけて下さい。)

 

そのような日々トレーニングに励んでいるような方のケアをされているのだから、ジムではどのようにフィジカルのアドバイスをしているのか、参考にもなるかなと期待しつつ入店。


ジムの中に入るとトレーナーさんのプロマイド写真が20から30枚ずらっとならんでました。

受付で案内され整体ルームに入ると、サイトの写真の通りで可愛らしいお部屋がありました。

入り口はカーテンでしたので、ジムの音楽や声が聞こえリラックスできるかな?と、そんな空気感の中始まりました。

痛みを伝えると軽い検査をしてうつ伏せになり、背中を長い時間圧していました。

その後、脚の押圧をし、横向きになり主訴の左側の肩関節の回旋。

仰向けで大腿四頭筋の外側の押圧。

最後首は天柱のあたりをかるく緩めて終了。

背中は少し緩んだ気がしましたが、主訴の痛みは取れませんでした。

「痛み」は感覚的なものでもあるので、感覚が鈍くなってると1時間後に取れたり、体が変化になじんで2日後くらいから楽になる場合もあるので、痛みが取れなくても良かったのですが、残念だったのは考えられる原因や今の状態など、最後まで説明やフォローが何も無かったことです。

ただ 「痛みがあったらまた来てください」

とだけ言われましたが、私はその時もう一度施術を受けようとは思いませんでした。


1回で痛みが取れなかった理由や、考えられる原因など納得できる説明がないと、ちゃんと解ってもらえているかなと安心できませんし、技術に対しても信頼できなくなってしまいます。突然「また来て下さい」とだけ言われても、もう一度施術を受けようとは思わないのではないでしょうか。

そして期待していたフィジカルについてのアドバイスもなかったので少し残念な気持ちになってしまいました。

私も次の予約が埋まっていて時間のない時や、お客様がすぐ帰ろうとしてる時などは、私自身も話かけるのに遠慮することもあり、あまりお話できない時があり後で後悔することもあります。

時間が無くてもなるべく感じたことは説明し、伝えていきたいなと改めて思いました。

こういう経験をするとお客様が聞きたいことをちゃんと伝えられているのかなと、いつも自分の鑑となって見させてくれるのでありがたいです。

横浜ヘッドマッサージ専門店・hogushi- artsの工藤でした。

ホームページはこちら↓

http://hogushi-arts.com

ご予約はこちら↓

https://2.onemorehand.jp/hogushi-arts/


横浜のヘッドマッサージ・頭ほぐし専門店|hogushi-arts

手技療法〜ドライヘッドスパ専門店を初体験〜


  

 

体験マッサージ第1回目は、同じヘッドマッサージに特化したお店です。

関内でヘッドマッサージ専門店を行うにあたり、だいぶ前にまりますが、オープン前に視察で東京のビジネス街にあるドライヘッドスパ 専門店に行って参りました。

メジャーな検索サイトからヘッドスパを入力すると、美容室やエステなどのヘッドスパは沢山ヒットするのですが、ドライヘッドスパ専門店は、東京でもまだ少ないようですね。あっても自宅サロンで個人でやられてるのが多いようです。

数少ない専門店の中から、関内に似たビジネス街でもあることからこちらのお店を選びました。

エステのチェーン店が母体で新規事業として始めたばかりのようで、アジアンテイストな雰囲気でお客様は女性が多かったです。

(余談ですが、hogushi-artsは今現在、男女比は半々です。男性もいらっしゃるとは思っていましたが、男性のお客様が多いのはリラクゼーションのサロンでは珍しいかもしれません。)

はじめのカウンセリングで、オプションで500円払うと、ホットハーブアイピローとホットハーブをお腹に置くこともできると勧められました。が、すぐ寝てしまいそうと思ったのでは遠慮しました。

このサービスは売上を上げる為にはよくあり、私もこれを採用するか迷いました。

しかしお客様の症状や体質によって、温めた方が良い場合と合わない場合があります。

また必要なのにお金の問題でいらないと言われてしまったら、こちらとしてもお客様に必要な満足感を提供できないと思いますので、追加料金でお客様に選んで頂くよりもhogushi-artsでは必要な方には無料で提供することにしました。


お部屋に案内されると、眠りを目的としている為、照明は暗く静かで施術が始まると一言もお話がなかったです。

フェイシャルエステチェアのような、ふかふかのチェアベットが気持ちがいいのですが、デコルテなどの圧をかけた際は、土台がふかふかだと圧がぬけてしまうので、微妙というかもったいないなと思いました。

圧が抜けるのは施術する側としてもやりにくいと思います。

手技のバリエーション少なく同じ手技の繰り返しだった為、これで60分持つのかなと心配になりましたが思いましたが、とても丁寧にゆっくりなリズムで、リラックスし 眠りを誘うものでした。

60分のコースでしたが15分追加すると眼精疲労対策として後頭骨を念入りにするそうです。

エステ系だからか、整体サロンや治療院にはないフェイシャルのツボ押しもありました。

施術後は頭皮の緩みを感じ、目と頭がすっきりしました。

ヘッドマッサージ・首


〈まとめ〉

何をしているのか手技を暗記できるほど単調な印象ではありましたが、担当の方の印象が良く、初めてのドライヘッドスパ1軒目でしたがとても良い印象でした。雰囲気も良く、心がリラックスするのはリラクゼーションサロンには必要ですからね。

場所がら大都会ということもあり、施術中に外でパトカーのサイレンが聞こえた時は落ち着きませんでしたが、それでも都会のオアシス的な空間でゆっくりできそうでした。疲れて現実逃避したいような方にもおすすめです。

横浜ヘッドマッサージ専門店・hogushi- artsの工藤でした。

ホームページはこちら↓

http://hogushi-arts.com

ご予約はこちら↓

https://2.onemorehand.jp/hogushi-arts/


横浜のヘッドマッサージ・頭ほぐし専門店|hogushi-arts